競馬に勝つためのサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Q10をお肌に直接とどけるエッセンスタイプのクリームサトウQ10クリーム35g
 石油輸出国機構(OPEC)の臨時総会が5日にアラブ首長国連邦のアブダビで開かれる。9月の総会では約2年ぶりに原油増産を打ち出したが、その後も原油価格の高止まりは続いており、今回は追加増産に踏み切るかが焦点だ。ただ、一時1バレル=100ドル目前に達した原油先物相場は同80ドル台後半まで下落、一部の加盟国は増産に反対姿勢を示しており、今回の総会では据え置きとなる可能性もくすぶっている。

 OPECは9月に日産50万バレルの増産を決め、11月から生産枠を2725万バレルに引き上げたにもかかわらず、原油価格はその後も高騰し、一時は年初に比べ2倍の水準にまでまで上昇。急激な原油高に危機感を募らせた米国は産油国に増産を求め、IEA(国際エネルギー機関)も懸念を表明した。
最新コスモ情報は・・・競馬ランキング


お買い物は楽天で^^






 これを受け、サウジアラビアなどが原油価格の沈静化のため、一旦は増産の検討に入った。

 しかし、足元の米国景気の先行き不透明感に加え、OPEC総会の増産観測により原油相場に大量に流入した資金が利益確定の売りを加速。原油相場は先月30日に約1カ月ぶりに90ドル台を割り込み、ピークから10ドル以上も下落した。この間、原油取引の通貨となるドル安も進展。収入減を避けたいカタールなどが「増産不要」の姿勢を強めている。

 今回の臨時総会では増産がテーマとなるが、現状で増産余力があるのはサウジのみ。大幅増産は困難な状況で、「引き上げたとしても日産50万バレル程度」(石油業界関係者)との声が支配的だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




競馬の本を探すならWebBooks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asatte0.blog99.fc2.com/tb.php/1351-40897513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。