競馬に勝つためのサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バカになるほど成功する!!赤っ恥学
 2日、阪神競馬場で行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝、GI・芝1600m)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気トールポピー(牝2、栗東・角居勝彦厩舎)が、中団追走から徐々に進出すると、直線に向いて外めから追い込み、同じく大外から伸びた8番人気レーヴダムールにクビ差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分33秒8(良)。さらに1/2馬身差の3着には2番人気エイムアットビップが入り、1番人気のオディールは好位から早めの競馬を見せたものの4着に敗れた。

 勝ったトールポピーは、父ジャングルポケット、母が98年阪神牝馬特別(GII)2着のアドマイヤサンデー(その父サンデーサイレンス)という血統。
最新フサイチ情報は・・・競馬ランキング


お買い物は楽天で^^




全兄に06年東京スポーツ杯2歳S(GIII)、06年ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)、07年共同通信杯(GIII)を勝ったフサイチホウオー(牡3、栗東・松田国英厩舎)がいる。

 7月8日のデビュー戦(阪神・芝1800m)は出遅れて2着に敗れ、2戦目となった10月20日の未勝利戦(京都・芝2000m)で初勝利。続く前走の黄菊賞(500万下、京都・芝1800m)はヤマニンキングリーからクビ差の2着に惜敗しており、今回は賞金400万円の馬による抽選(12頭中6頭)をくぐり抜けての出走だった。通算成績4戦2勝(重賞1勝)。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。
(引用 yahooニュース)




競馬の本を探すならWebBooks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asatte0.blog99.fc2.com/tb.php/1329-d16a9900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。