競馬に勝つためのサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[DVDソフト] 中央競馬G1レース2002総集編
<ステイヤーズS>◇1日=中山◇G2◇芝3600メートル◇3歳上◇出走13頭
 平地の最長距離重賞は7番人気の伏兵、マキハタサイボーグ(せん5、栗東・新川)が4角先頭から押し切り、3連単58万2350円の大波乱を演出。初のタイトルを父メジロブライト(97年優勝)との父子制覇で飾った。
 ステイヤーの血がふつふつと沸き立った。吉田豊騎手が2周目3角で外に持ち出すと、直線入り口では先行グループを一気にのみ込んだ。
最新アドマイヤ情報は・・・競馬ランキング


お買い物は楽天で^^




内で粘るネヴァブション、外から追い込むアドマイヤモナークを抑えての初勲章。吉田豊は「切れる脚はないと聞いていたので早めに仕掛けるつもりだった。ちょっと先頭に立つのは早かったけど、差されてもいいぐらいの気持ちで乗っていた」と、白い歯がこぼれた。
 道中はトウカイトリックの後ろで折り合い、走りのリズムを保った。スローな流れでも人馬の呼吸はピタリ。それがロングスパートへとつながった。新川師は「状態は良かったし、ひょっとしたらと思った。有馬? ちょっと考える。年が明けて天皇賞(春)というのもあるし」と、G1挑戦を視野に入れる。長距離路線に、新しいヒーローが誕生した。【山本幸史】
(引用 yahooニュース)




競馬の本を探すならWebBooks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asatte0.blog99.fc2.com/tb.php/1326-32259226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。