競馬に勝つためのサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒の軍団チーム田原(飛翔(2000年春))
 ◆阪神JF・G1(12月2日・阪神) 2歳女王決定戦は、新種牡馬ファルブラヴ産駒に注目だ。ラルケットはデビュー2連勝。しぶとい走りに、父親の姿がだぶる。レーヴダムールは、抽選待ちの1勝馬だが、新馬戦Vの内容は非凡。能力は計り知れない。また“ドラマ”という点で面白いのが、トールポピー。昨年の覇者ウオッカと同じ角居厩舎所属で、あのフサイチホウオーの全妹。抽選をクリアすれば、話題を呼びそうだ。

 父譲りの勝負根性が、ラルケットの最大の武器だ。前走のサフラン賞は、内めの枠から馬群の中を進み、直線では前をカットされる形になりながら、鮮やかに差し切った。

 「内々で我慢して競馬ができたことは、牝馬としては価値があると思う。
最新フサイチ情報は・・・競馬ランキング


お買い物は楽天で^^




デビュー戦を鼻差で勝ったというのもあるし、種馬の良さを受け継いでいるね」と和田調教師は話す。

 ファルブラヴで思い出すのは、やはり02年のジャパンC。ゴール前、サラファンとの激闘を「ハナ差」で制した。「勝負強い所は似ていると思う。馬込みも全く気にしないしね」。そのたくましい精神力を、ラルケットはしっかりと受け継いでいる。

 肉体面も、良化の一途をたどっている。「初めて見た時から『あか抜けた体をしているな』と思っていたけど、それが洗練されてきた」。サフラン賞は、新馬戦からマイナス8キロでの出走。太めが絞れ、シャープな体つきになっていた。

 前走コンビを組んだ横山典が騎乗停止処分を受けたため、ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズで来日するパスキエが、急きょ鞍上を務めることになった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




競馬の本を探すならWebBooks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asatte0.blog99.fc2.com/tb.php/1283-69266eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。