競馬に勝つためのサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ゲルマニウム セルアウトローラー】■送料無料■代引料も無料■エステサロンの業務用として...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000097-san-bus_all
 オイルマネーと呼ばれる中東産油国の資金の存在感が急速に高まっている。これまでも世界の金融、商品相場を動かしてきたが、最近では投資対象を企業にも拡大している。適正価格を大幅に上回る原油市場の高騰や、株式市場低迷の背景にはオイルマネーの流れがあり、その影響力は強まるばかりだ。(大塚昌吾)

 27日の東京株式市場は乱高下した。日経平均株価の午前の終値は前日比320円超の値下がりだったが、午後に入って急反発し、一時177円超上昇して1万5200円台まで回復した。外国為替市場でも、午前中に平成17年6月以来約2年5カ月ぶりの円高水準となる1ドル=107円台をつけたものの、午後は一転して108円台に戻すめまぐるしい展開だった。
最新コスモ情報は・・・競馬ランキング


お買い物は楽天で^^






 相場の流れが変わったのは、米金融大手シティグループがアラブ首長国連邦(UAE)の政府系投資機関から75億ドル(約8100億円)の出資を受け入れると発表したことがきっかけだった。低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題に関連した評価損拡大に伴う自己資本増強が狙いだが、市場は「オイルマネーが世界的な信用収縮を和らげ、市場を下支えする」(大手証券)と受け止めた。

 ただ、市場を翻弄(ほんろう)しているのもまたオイルマネーだ。今夏以降、オイルマネーは株式市場から原油市場にシフト。7月に1万8000円台だった平均株価は11月に入って1万5000円をはさむ水準まで低迷...

ニュースの続きを読む




競馬の本を探すならWebBooks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asatte0.blog99.fc2.com/tb.php/1279-3c10fafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。