競馬に勝つためのサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いまだけ1箱でも送料無料!!【11月末まで】◎先行予約 受付中◎ネオサイトワンデー 【30枚入...
 機内の改装は、ファーストクラスやビジネスクラスの一部の座席交換、オーディオやビデオなどの装備改善、座席カバーの交換といった点に力を入れている。 大韓航空がファーストクラスに導入した「コスモ・スリーパー・シート」は、人体工学に基づいた設計で、180度まで倒すことができ、マッサージ機能も付いている。 一方、アシアナ航空も座席のアップグレードを進めている。先月から改装作業に着手し、今月24日に終了予定のボーイング747型機の場合、すべての座席にAVODが取り付けられている。これまで、同機のオーディオ・ビデオシステムは乗務員室で制御するシステムだったが、新たに取り付けられるAVODは、乗客が好きなプログラムを好きな時間に視聴することができる。
最新コスモ情報は・・・競馬ランキング


お買い物は楽天で^^




◆機内の環境改善は世界の流れ 大韓航空は2005年から今年にかけ、旅客機17機の改装を行った。さらに今後、11年までに32機の改装を行う予定だという。大韓航空は機内設備の改造に1600億ウォン(約194億3800万円)の予算を計上している。またこれとは別に、09年からボーイング787、エアバスA380型機を25機導入する計画も立てている。 一方、アシアナ航空では中・長距離の国際線用に使用されている旅客機28機のうち、半数以上の16機の改装作業を進めている。残りの旅客機は最近導入した最新型の機種だ。アシアナ航空は機内の改装に640億ウォン(約77億7500万円)の予算を計上している。同社関係者は「機内の環境改善は世界の航空業界の趨勢(すうせい)になっている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




競馬の本を探すならWebBooks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asatte0.blog99.fc2.com/tb.php/1277-2e460edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。