競馬に勝つためのサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20世紀の名馬100(10)
 「ジャパンカップ・G1」(25日・東京)、まさにパーフェクト・エンディング-。岩田騎乗の5番人気アドマイヤムーンがゴール前の大接戦を制し、不利に泣いた天皇賞・秋(6着)の雪辱を見事に果たした。オーナーのダーレー・ジャパン・ファーム代表・高橋力氏はレース後、このまま引退し種牡馬入りすることを表明。ラストランを最高の形で締めくくった。頭差2着にポップロック。断然の1番人気に推されたメイショウサムソンは3着に敗れ、武豊の今週重賞4勝の新記録達成はならなかった。
 勝利の瞬間、込み上げてくる涙を抑え切れなかった。「もう1度やらせてほしい」-他馬の斜行のあおりをモロに受けた悪夢の天皇賞・秋から4週間。
最新アドマイヤ情報は・・・競馬ランキング


お買い物は楽天で^^




岩田とアドマイヤムーンの勝利に対する熱い気持ちは、ほかの誰よりも勝っていた。盾で味わった悔しさをすべて府中のターフにぶつけた先には、パーフェクト・エンディングが待っていた。
 力と力がぶつかり合った直線の攻防、岩田ムーンは内々から一気にスパート。早めに先頭に躍り出た。外から伸びる1番人気のメイショウサムソンを振り切ると、馬場の真ん中から1完歩ごとに迫ったポップロックの強襲も見事にしのぎ切った。上位3頭は時計差なし、わずか頭、首差。3度目のG1タイトルは、まさに執念でつかみ取った。
 鞍上のファインプレーも光った。最初のコーナーで前がゴチャつき、下げざるを得ない形に。「そこで馬が怒ってしまった」と振り返ったが、その後は冷静にインでじっと我慢を決め込んだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




競馬の本を探すならWebBooks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asatte0.blog99.fc2.com/tb.php/1275-2e892899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。