競馬に勝つためのサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[DVDソフト] 中央競馬G1レース2004総集編
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000000-nks-horse
<ジャパンC>◇25日=東京◇G1◇芝2400メートル◇3歳上◇出走18頭
 世界のアドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博)が有終の美を飾った。岩田康誠騎手(33)の好騎乗に導かれ、ダーレー・ジャパン・ファームへの40億円トレード後初勝利とともに、G1・3勝目をマーク。有馬記念には出走せずに引退し、来年の種牡馬入りに備える。2着にポップロックが入り、断然の1番人気に支持されたメイショウサムソンは3着に敗れた。
 好勝負を重ねてきたJCは、今年も激闘となった。残り200メートル。内から飛び出したアドマイヤムーンの外から、ポップロックとメイショウサムソンとウオッカが矢継ぎ早に襲い掛かる。
最新アドマイヤ情報は・・・競馬ランキング


お買い物は楽天で^^




4頭とも上がり33秒台の豪脚。最初にウオッカの脚色が鈍り、次にサムソンが怪しくなった。ムーンが最後の力を振り絞ってゴール板に到達した時、食い下がるポップより頭だけ前に出ていた。勝負服がアドマイヤブルーからえんじ色に替わって初めての勝利。ドバイデューティフリー、宝塚記念に続くG1・3勝目で、獲得賞金11億8772万7000円はテイエムオペラオー、ディープインパクトに次ぐ歴代3位に浮上した。来年からの種牡馬入りに花を添えた。
 岩田騎手は「頭でも半馬身でも出ていたらガッツポーズできたけれど、微妙な着差だったので…」とレースを振り返った。ジョッキーの感覚では鼻差に等しい大接戦。引き揚げる時のターフビジョンに自らの姿が大写しにされているのを見て、ようやく勝利を確信した...

ニュースの続きを読む




競馬の本を探すならWebBooks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asatte0.blog99.fc2.com/tb.php/1272-a5b82a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。